SPRAY COATERスプレーコーター事業

スプレーコーター事業 スプレーコーター事業

比類なきコーティング技術

当社は、数ナノから数ミクロンという
超薄膜〜薄膜領域における精密スプレーコーティング技術を永年研究開発し、
他社にない独自の流量制御技術、噴霧技術をコアに、
従来のスプレーコーターでは実現出来ないレベルの
高精度塗布・成膜を得意としております。
新潟県長岡市に構えるテクノロジーラボ&ファブには、高精度スプレーコーターのデモ機を常設し、
お客様の材料を持ち込んだ塗布実験が可能となっております。

独自に開発した流量制御技術
DLCS™
(Digital Liquid Control System)

吐出精度0.1−1.0%を実現するモノリシックスプレーヘッド。
オリジナル2流体ノズル、サブタンク、脱気機構、フィルターなどが一体となり、脈動がおこらず安定した吐出が可能です。

独自に開発した流量制御技術DLCS™(Digital Liquid Control System)

長年のスプレー塗布プロセス
ノウハウを基に設計された
スプレー塗布制御技術

塗布パラメーターの設定、ノズル洗浄、気泡抜き、重ね塗り、塗布状態の監視システムなど、あらゆるシステムの制御を12㌅タッチパネル上で操作する事が出来ます。
また、温湿度から塗布条件、動作時の装置状態などをログデータとして記録することで、量産管理へのフィードバックが可能となっています。

長年のスプレー塗布プロセスノウハウを基に設計されたスプレー塗布制御技術

スタンダードモデル API-240

タッチパネルの指紋防止コーティング、AG/ARコーティング、燃料電池用電極塗布など、従来のコーティングプロセス(スリットダイ、ロールコーター、スピンコーターなど)それぞれの固有の課題を解決することで、量産工程での採用が拡大しています。

スタンダードモデル API-240

機器紹介

  • 40RD Advance
    40RD Advance

    40RD Advanceは、独自開発のスプレーヘッドMini-DLCS™ を採用したデスクトップ型の小型スプレーコーターです。Mini-DLCS™の最大の特徴は、市販のプラスチック製シリンジを使うことで、手返し良く様々な材料を交換して試験ができることです。もちろん当社が誇る抜群の流量再現性はDLCS™と同レベルなので、均一性の高い成膜が可能です。

  • API-240
    API-240

    API-240は当社標準モデルで、当社技術を結集した高精度スプレーヘッドDLCS™を搭載しています。塗布最大サイズは600 x 400 (mm)、ヘッドスピードは1,000mm/sec、スマートフォンサイズの基板であれば、用途によっては月産100万個程度の高い生産性を誇ります。

  • API-240-3D
    API-240-3D

    API-240の上位機種であるAPI-240-3Dは、通常X/Y2軸の平面スキャン動作によるスプレーコーティングの常識を覆すX/Y/Zの3軸同時制御を搭載した3Dコーティングスプレーコーターです。 お客様の基板がレンズなどの球面、非球面の場合に、R値を設定することで自動的に2.5D(かまぼこ状)や3D(球面)の軌跡を描きながらコーティングします。

  • API-300シリーズ
    API-300シリーズ

    API-300は、550 x 650 (mm)の最大塗布サイズ、基板の搬送はロボット、コンベヤーなどと連携し、全自動でコーティングする量産用スプレーコーターです。 ライン上の前後装置と連結することから、前後装置とのデータ通信、ダウンタイム時のトラブル回避機能(洗浄タイマー設定など)、各種エラーメッセージ、インターロックなど、あらゆる事態を想定したハードウェア、ソフトウェアを搭載し、お客様の安定した連続生産に貢献いたします。

楽天ペイ